パン職人 庄籠克洋

焼きたての1番おいしいパンをお客様に味わってもらいたいので
毎日60から80種類こまめに手作業で焼き続けています

私は地元も八女郡広川町。 隆勝堂と言えば、近所のお菓子屋さんというイメージしかありません。 幼いころは、ベーカリーもありませんでしたしね。 そんな会社にパン職人として入るなんて、夢にも思いませんでしたが、今は充実した忙しい毎日を送らせてもらっています。

隆勝堂 パン職人 庄籠克洋

プロフィール

私が隆勝堂に入社したのは2005年です。

それまでは、洋食のコックを経て福岡の有名パン屋で修行し、独立して福岡市内に自分のパン屋を持っていました。

個人店としては、それなりにお客様に来てもらえたのですが、いろいろ思うところもあって、八女に戻ってきたんです。

くるみパンを作る庄籠

商品開発に従事

ちょうど、隆勝堂がパン屋の1号店となるサンタカフェベーカリーをオープンした時でした。

パン職人としての経験を買われたんです。

以来、責任者としてパン部門を任せてもらい、自由に商品開発をさせてもらってきました。

ですから、今あるパンのメニューに関しても、味に関しても、ほとんど自分が携わったものです。

隆勝堂のバゲット

ものづくりへの想い

隆勝堂がベーカリーを始めてからこだわってきたのが、焼き立てのパンをお客様に提供することです。

やっぱり、焼き立てが1番おいしいです。

そして、手作りにこだわります。

惣菜パンに入れるツナや卵、カレーなども自ら調理しています。

一番おいしいパンを、毎日のお客様に味わってもらいたいので、毎日60から80種類のパンをこまめに、手作業で焼き続けているのです。

明太フランスを作る庄籠

そして、これから…

おかげさまで、隆勝堂のベーカリーは4店舗まで増えました。
焼きたてにこだわるから、それぞれのお店にパン職人がいて、そこでパンを焼いています。
定番の商品を並べつつも、それぞれの店舗の職人が、独自の感性を持って、オリジナルのパンを生み出しています。

パン職人歴が20年を超えた私は今、最も新しい店舗である「焼きたてパン工房グランママ」で、新たな挑戦の真っ最中です。
これまでの隆勝堂のパンとは一味違う、こだわり素材のパン作りに挑んでいます。