鯛と餡(TAI TO AN)
 菓子・鯛と餡 TAI TO AN は「お菓子でみんなをまあるい笑顔にしたい」という願いを込めて創りました。日本の和菓子の象徴ともいえる餡子を、もっと身近にもっと気軽に楽しんでもらいたい。それが、大正生まれの菓子店である私たちの想いです。 古くから鯛の形をしたおめでたい縁起菓子のひとつとして親しまれてきた『たい焼き』や本蕨粉・食感・きな粉をこだわり抜いた『わらび餅』、たい焼きと同様、鯛をモチーフにした『鯛 最中』、和菓子と洋菓子のコラボレーション商品の『わらび餅ロール』など食べ歩きからお手土産、お祝いなど様々なシーンで活躍出来る商品を取り揃えています。 私たちのたい焼きのこだわりは、ずばり「餡」です。 だからその名も「鯛」と「餡」。
餡をしっかりと味わっていただくために、皮はパリパリの薄皮にこだわりました。 ですので、ここはお好みが分かれるところかもしれません。 ほくほくとした口当たりが自慢の自家製餡、より厳選した北海道産の小豆を使用した小豆餡、粒を絶妙に残した粒手亡餡(つぶてぼうあん)、福岡八女のこだわりの抹茶をふんだんに使用した八女抹茶餡、小さなお子様も大好きなカスタードと4つの味のたい焼きをご準備しています。

たい焼き 鯛と餡

たい焼きメニュー
 ららぽーとのいつもの通りを通ったら、ふんわり優しい餡子のいい匂い。 「今日もあれ食べていこっか!」 菓子・鯛と餡 TAI TO AN で作られたたい焼きが、皆様の毎日に少しのゆとりと、ほっこり甘い気持ちをお届けできたら嬉しく思います。 そんな皆様の笑顔を思い浮かべて、さあ、今日もまた、いつもの場所で、美味しい餡子のたい焼きを焼き続けていきたいと思います。
鯛と餡外観
 さあ、ちょっぴりお腹が空いてきましたか? ここには餡を食べるたい焼きだけでなく、つるっつるでぷるんぷるんの「極上きな粉のわらび餅」に、これまた絶品の「極上きな粉わらび餅抹茶ロール」もありますよ。 さあ、めくるめく和菓子の世界へようこそ!

TAI TO AN 商品紹介

『鯛最中』

 古くから縁起ものとして使用される鯛をモチーフに鯛の形の最中が出来ました。 中には自家製の福岡八女抹茶をふんだんに使用したこだわりの抹茶餡を入れています。 お口に入れると風味豊かに広がる八女茶の香りとさっくりした最中の皮が絶妙にマッチした一品です。

『極上きな粉のわらび餅』

厳選した本蕨粉から丁寧に丁寧に作りました。国産大豆を深煎りしたこだわりの黒寿きな粉をふんだんに使用しています。プルンとしたわらび餅ときな粉の相性が絶妙です。

『極上きな粉のわらび餅抹茶ロール』 (黒寿きな粉使用)

 和菓子と洋菓子のいいとこどりをした 一品。抹茶の生地に、こだわりの黒寿きな粉を混ぜ込んだ生クリームを巻き、その中心にわらび餅を入れ込みました。ふわふわしっとり、だけどつるんともっちり。新感覚の和洋菓子に仕上がりました。この美味しさ、是非一度御体験ください。
住所 ららぽーと福岡
福岡市博多区那珂6-23-1
アクセス JR 鹿児島本線「竹下」駅徒歩 9 分
営業時間 10:00 – 21:00
電話番号 092-586-6525

会社紹介

 大正13年創業。本店である福岡県八女市を中心に、筑後地域及び福岡市内にて、和洋菓子店及びベーカリー店を営んでおります。2024年の創業100周年を目前に、和菓子、洋菓子、パンの各分野で新たな挑戦を続けております。
新ブランド『菓子・鯛と餡 TAI TO AN』 を通して、筑後地域で長年育んできたお客様との輪を、福岡の皆様とも広げていきたいと考えています。 どうぞお気軽にお越し下さい。